斯くも詮なき日常に

イギリスに移住した28歳男のブログ

英会話教室、パブ「RED HOUSE」、Food Wanker

天気の悪い事で有名なイギリスだが、ここ一週間は晴れが続いている。

金曜日の昼間、車で20分程度の隣町Lambournへやってきた。英会話教室に参加するためだ。

元教師だったと言う老齢の女性と1時間みっちりとお話をした。日本とイギリスの違うところ、学校のシステム、社畜時代の働き方など。解らない単語が出るたびに身振り手振りで教えてくれたので、とても話しやすく勉強にもなった。

今回は会話だけの教室だったが、より本格的な読み書きの教室もやってる事を教えてもらい、来週の月曜日からはそちらにもお邪魔させて頂く事にした。楽しみである。

 

夜はHollyの誕生日をお祝いして、彼女の家族とパブRED HOUSEへ行った。

このパブは家族のお気に入りの店であり、料理がものすごく美味しい。

f:id:johanson5:20171202205320j:plain

前菜としてコテージパイ(マッシュポテトを皮として使うミートパイ)を、メインディッシュに豚肉のステーキを注文した。美味であった。

惜しむらくは料理の写真を撮れなかった事だが、料理の来るたびに写真を撮るのは、Food Wanker(飯オナニー野郎)的行為であるとして、フォーマルな食卓の前には当該行為を控えている。

かく言う私も以前までは、食前の撮影を必須とする連中に対し、軟弱の極みであると批判的意見を持っていた。よもや自らの言葉によってその首を絞める日が来るとは、夢にも思わなかった。

反省し、開き直り、これよりはFood Wanker的生活様式を楽しみたい所存である。