斯くも詮なき日常に

イギリスに移住した28歳男のブログ

極度乾燥(しなさい)

先日のオックスフォードで発見したSuperDry極度乾燥(しなさい)®︎であるが、あれから非常に興味を引かれ、色々と調べた。

まず、これが公式のホームページだ。

https://www.superdry.com

一目見ただけで、単にネタに走っているわけではないと分かる商品の数々だ。

Hollyに言わせると、かなりチャブスじみているらしいが。

ここで気になったデザインをいくつか紹介しよう。

f:id:johanson5:20171215050608j:plain

英語デザインのTシャツは日本でも馴染み深いが、そこに日本語が加わる事によって強烈な違和感を感じさせる一枚。

絶妙に意味のない日本語が、来日した英語圏の人々の気持ちをリアルに体験させてくれる。

f:id:johanson5:20171215051212j:plain

REAL OSAKA 6 会員証な

なぜに会員証なのか。

やはりデザイン性には優れている。

f:id:johanson5:20171215051314j:plain

TOKYO Super Dry 自動車潤滑

何を自動翻訳機にかけたのか、とても気になる。

もちろん、メンズだけでなくレディースの商品も取り扱っている。

f:id:johanson5:20171215051821j:plain

No.1衣類

これは何となく理解できる。衣類に衣類と記しているのは、何ともハイカラな感じがする。

f:id:johanson5:20171215051949j:plain

東海岸

会員証なにも通ずるが、主張しすぎない日本語が奥ゆかしくて良い。

f:id:johanson5:20171215052103j:plain

私の一押しデザイン。北の西による北。

結局北なのか西なのか、北西なのか。

レディースだが、サイズさえ合えばこれを着て街を練り歩きたいものだ。

 

ここまでいくつか紹介したが、実は日本語があしらわれたデザインの商品はそう数が多くなかった。

以前はよりたくさんの日本語ワンポイトがあったが、事業が拡大するにつれ奇をてらったデザインは減少傾向にある様でとても残念だ。

しかしこの違和感のある日本語はブレードランナーやニンジャスレイヤーに通ずる近未来感を醸し出している様にも感じる。

いずれ日本にも進出していただきたいものだ。

 

 

偶然見つけた極度乾燥(しなさい)だが、これについて考える内様々な気づきを得た。

異国の文字に対してデザイン性を感じるのは各国共通だ。

我々日本人がアルファベットや横文字に格好よさ感じる様に、欧米諸国の人間は漢字をアジア風の神秘的な絵に近い物として感じるらしい。

漢字が元々象形文字だった事を考えると、絵の様というのは実に的を得ている。種類の多さも魅力の一つだそうだ。

しかし、単なるデザインとしてあしらわれたはず他国の言語だが、その言語を母国語とする人間の目に触れた瞬間、即座に込められていた意味が解凍され、その下品さ、意味の通じなさ、あるいは稚拙な文法に可笑しみを感じるのだろう。

おそらく、「即座に理解される」という部分が重要だ。

例えば「今すぐに私の尻の穴を犯してください」と英語で書かれたTシャツがあるとする。

私がその英文の意味を理解したとしても、そのデザインに対する評価は意味を理解する前とさほども変わらないだろう。

その言語を母国語としない者からすれば、意味とデザインに関連性はないのだ。

しかし、極度乾燥(しなさい)のTシャツには違和感を覚え、デザインとしては機能は果たされていない様にも思える。デザインよりも意味の方に意識が引っ張られる為だろう。

(デザインとして機能していない事それ自体が、デザインにもなり得る。私は極度乾燥の日本語デザインが好きだ)

 

極度乾燥(しなさい)のTシャツを着たり、奇天烈な意味の漢字のタトゥーを彫ってしまった外国人を笑うのは、日本人にとっては至極普通の反応かもしれない。

しかし同時に我々は、妙な英語に囲まれ、それをデザインとして良しとする、我々自身を笑っているのではないだろうか。

私が日本にいた頃住んでいた街に「Pearl Necklace」という宝石店があった。「胸に掛かった精液」の意味がある。主婦層向けの洋服屋「Deep 〜reach the climax〜」は「イクまで深く」という意味になる。ホームセンターダイキは一昔前までディック(男性器)という名前であった。

LとR、SとThの区別もつかず、文法も滅茶苦茶なままに歌われる、国内ミュージシャンの英語歌詞。

コンプライアンス、コミット、アライアンスなど、ビジネス英語を羅列し、今後の方針を説く老舗会社の役員。

かくいう私も、この記事の中で何度日本語化された英語を使っている事か。

敗戦後、GHQによって強力にアメリカナイズされた経緯があるとはいえ、果たして文化とはと、考えずにはいられない。

日本国内ではほとんど問題になる事にない、「文化の盗用」についても、いずれ書こうと思う。

 

追記:この記事を書いている途中、極度感想(しなさい)の関係者と思われる方から、前回の記事にコメントを頂いた。

意味は通じるにしても、ギリギリの怪しい日本語で綴られたスパム的内容に、私はますます心を惹かれるのであった。

オックスフォード、クリスマスマーケット、Super Dry極度乾燥(しなさい)

 オックスフォードへ行ってきた。再来週に迫ったクリスマスのプレゼントを買う為だ。

また、イギリスの気温は日本とあまり変わらないとは言え、寒いものは寒く、不足しがちなヒートテックを補充する為にユニクロへ立ち寄る目的もあった。

オックスフォードへは車で一時間ほど走り、少し離れた巨大な駐車場に停め、そこから10分程度バスに乗った。二階の最前列、特等席である。

 

バスを降りると目の前にはユニクロの看板が。

f:id:johanson5:20171214025846j:plain

日本語の看板に、しばしの郷愁を覚える。

店内も、いたって普通のユニクロだ。日本と何も変わらない。

目的のヒートテックを手に入れユニクロを出ると、またもや日本語の看板を見つけたが、こちらはなんとも奇妙であった。

f:id:johanson5:20171214030146j:plain

調べると、読んで字のごとく「Super Dry 極度乾燥(しなさい)」というブランドであった。

日本語を取り入れているが、単なる漢字Tシャツとは一線を画した洗練されたデザイン性を持ち、英国を中心ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアで人気を集めている。

あのダニエル・ラドクリフの「東京な」Tシャツもこのブランドの製品だ。

極度乾燥の現CEOが日本に来た際、不自然な英語を羅列された服飾のデザインに感銘を受け、それを自国に持ち帰り、不自然な日本語で再現したのだそうな。

非常に残念な事に、時間の都合上立ち寄る事は叶わなかった。

次回はぜひ入店し、妙竹林なTシャツの一枚でも買って帰りたいものである。

 

さて、こちらが本命のクリスマスマーケットだ。

f:id:johanson5:20171214032323j:plain想像していたよりも小ぢんまりとしていたが、これはかなり小規模なマーケットらしい。

各々の小屋の中ではそれぞれ雑貨が売られており、鉄製の置物や星型の証明、コンパスに万華鏡など、様々だ。

Hollyにはイタズラ好きな叔父がいるのだが、日頃のお返しという事で、この激辛チリソースを購入した。

f:id:johanson5:20171214040320j:plain

左から順に辛くなっており、一番右側のソースを選択。その名も「The End」である。

その後はデパートや茶葉屋、文具店などあちらこちらと移動をし、各人へのプレゼントを揃えて行った。

雨のち晴れのち雨のち晴れといったイギリスらしい天気の中、骨の折れる行程ではあったが、さすがは本場のクリスマス、気合の入れ方が違うようだ。

ゲームの趣味

モンスターハンターワールドのベータ版が公開中である。

tri以来8年ぶりの、据え置き機でのリリースという事で、製品版のリリースを今か今かと待ちわびている。(MHP3PS3で、MHXXはスイッチでそれぞれリリースされたが、移植版なので数に入れず。)

携帯機での利便性がモンスターハンターシリーズをここまでの長寿タイトルに育て上げた大きな要因である事は疑いようもない。友人数名で持ち寄り、やいのやいのと楽しめるのが、このシリーズの魅力の一つであった。

学生時代は本分である勉学を放っぽり出し、PSPを握りしめ、休み時間に放課後に、授業中の机の下に、無益極まる遊戯を止めずにいた。。今にして思えば、勉強なり不純異性交遊なり、もっと他にすべき事があったようにも思うが、あれから10年、28歳になった今でも英語の修練を怠り、同じモンスターハンターに現を抜かしているのだから、人間の本質とは変えがたいものである。

そんな便利な携帯機だが、社会人ともなると皆で集まる機会そのものが少なくなってしまうものである。ましてや、ここはイギリスである。

それでは各々が自宅にて、wifi経由で繋がれば良いとも思うのだが、筐体をインターネットに繋げ、Skypeを立ち上げ、この小さな画面越しにピコピコと遊ぶというのは、なんとも盛り上がりに欠ける。

しかし、据え置き機であるならインターネットに接続する必然性が生まれ、オンラインでのプレイが大仰な事ではなくなるのだ。皆で集え、インターネットに。

どうにか一月中にはロンドン付近へ引っ越し、仕事を得て、心置き無くプレイできる環境を作りたい。

 

さて、私はゲームが好きだが、Hollyも同じくらいゲームが好きである。最近は二人でハースストーンやマリオカートで遊んでいるが、基本的に好きなゲームのジャンルは異なる。

Hollyはゼルダの伝説シリーズを始めとし、ファイナルファンタジーやペルソナなど、一人プレイかつストーリーに重きを置いた作品が好きだ。

一方で、私の好きな前述のモンスターハンターや各種FPSを、彼女は野蛮なゲームとして認識している。私がタイタンフォール2にてNPCの兵士を倒していると、いつも決まってこんな小芝居を始める。

「ねぇねぇパパはいつになったら帰ってくるの?」

「そうねぇ、もう少し先かしら。でもね、次が最後の任務だって言ってたから、帰ってきたらずっと一緒に居られるわよ!」

「本当!?嬉しい!じゃあね、僕良い事考えた!パパが帰ってきたらプレゼントをあげよう!僕今から頑張って作るよ!」

「あらあら、それはとても良いアイディアね!」

しかもこの小芝居が妙に長く、最終的に私が殺した父親の訃報を知らせる兵士が彼らの家を訪ね、子供を部屋に上げた後、知らせを聞いた母親が膝から崩れ落ちるところまで続くのだ。とてもやりにくい。

今回もモンスターハンターをプレイしていると、横からやいのやいのと冗談めかして言ってくる。

曰く、「この動物がかわいそうだ、殺さないにしても、隔離するなり、他に方法があるはずだ。牙や皮を剥ぎ取り武器を作る?誰の命令だ?この女か?きっとこのアメリカ発音の女が黒幕に違いない。アメリカはいつもそうだ。自ら戦争を生み出し、武器を売って私腹を肥やす。こんな奴らに加担なんかするんじゃないよ。」

英国人は米国を嫌う傾向にあり、彼女もその例に漏れない。しかし英国の血塗れの歴史を鑑みるに、同じ穴の狢では無いかとも思うのだが、そんな事、口が裂けても言えないのである。

散髪

元より不精な性格の為、散髪が苦手である。

願わくば髪など切らずに置いておきたいが、世間は男の長髪を許容していない。

髪の毛を切った直後はマイティフォームからグローイングフォームに弱体化したかの様な見た目になるのも、散髪が好きではない理由の一つだ。

 

f:id:johanson5:20171210030215j:plain

マイティフォーム

f:id:johanson5:20171210030224j:plain

グローイングフォーム

 

以前は理容師の友人がおり、気兼ねなく髪型の注文が行えた。そうであれば散髪も億劫ではないのだが、こちらで新たに散髪屋を探さねばならぬ。

犬の散歩仲間である近所の婦人に、この村にある二つの散髪屋を教えてもらった。

その内の一つは事前の予約が必要ないとの事らしく、そちらに決めた。

当日に、急にめんどくさくなった時のためである。

 

そして今日、およそ三日間の引き伸ばしの後、ようやく件の散髪屋に行って来たのだ。

片田舎のため、勝手に老店主を想像していたが、扉をあけ出て来たのは、なんともハイカラな雰囲気を漂わせた痩身の中年だった。

座席は一つのみと、こじんまりとしいたが、店内は清潔感がありひとまず安心し、Hollyの助力を借りながら、過去の自分の写真を見せ、こんな感じにしてくれと頼んだ。

20分程度で散髪が終わり、仕上がりもそう悪いものではない。価格は15ポンド、およそ2000円程度だった。

悪くなかった。むしろ良かった。しかし、やはり、少し、散髪はめんどくさいのだ。

小銭について

英国人はあまり現金を持ち歩かないという。

基本的には何でもカード決済だ。

しかし私は未だ無職の身であり、住所の根拠も定まっていない為、カードの審査に合格出来ない。

故に当然買い物も現金で行なっているのだが、一つ問題がある。

頻繁に小銭を使えないのだ。

日本にいた頃は財布に小銭が溜まるのを嫌い、できる限り最小お釣り枚数を目指して会計をお願いして来た。

例えば、1622円に2122円を出し、500円玉一枚のお釣りを貰う、と言った具合だ。

仮に22円が無かったとしたら、2200円を出して578円を貰う。100円玉を500円玉にまとめたいのだ。

しかしながら、私がその様なお金の出し方をする度、Hollyは怪訝な目線をくれながら、「イギリスに行ったら、その変なお金の出し方はやめてね」と口を酸っぱくして言うのだった。その様な硬貨の渡し方をしても、十中八九店員に理解されないだろうとの事だった。

そしてイギリスへやって来た。郷に入れば郷に従え、である。

渋々最小お釣り枚数を諦め、紙幣一枚を店員に渡し、その度に膨らみ続ける小銭入れを寂しく懐にしまうのだった。

また買い物自体の回数が少ない為、必然的に一度に買い込む量も多くなり、小銭だけで済ませられる会計が少ない。

さらにイギリスの硬貨は日本のソレに比べて大きく、そして厚い。

硬貨がかさばるにも関わらず、手持ちの硬貨を減らすシステムが存在しないのだ。

Hollyにこの英国経済の不備を伝えたところ、英国民は現金を使わないからその様な問題は存在しないと一蹴された。

そうして今日も、はちきれそうな小銭入れを眺めながら、その使い道に思案を巡らせるのである。

嫉妬に狂う犬

「私は、犬については自信がある。いつの日か、必ず食いつかれるであろうという自信である。」ー太宰治『畜犬談』よりー

 

私が現在お世話になっているスミス家には犬が一匹いる。名をマギーという。毛深いボーダーテリアである。とても人懐っこい性格で、出会う人間のほとんどを、彼女は友人として暖かく迎えてくれる。

元来猫派の私であったが、すっかり彼女に魅了され今や犬派の一員である。

畜生風情が愛玩動物の域を出ることはないと考えていたが、とんでもない。犬は家族だ。

毎朝の散歩も日課と化し、義母や近所の奥方との会話も英語を学ぶ上での良い刺激となっている。マギーは他の犬とも概ね仲が良い。無論、中には折り合いの付かない相手もおり、特に近所に住む他のボーダーテリアとは犬猿の仲である。両者とも、犬ではあるが。出会おうものなら殺し合いを始めかねない勢いで吠え散らし、力の限りで手綱を握る羽目になる。

 

今朝も散歩を終え、居間にて寛いでいると、義母に「今からもう一度、犬の散歩に行きたくはないかしら?」と尋ねられた。

なんでも、散歩仲間の一人の家族が入院したために見舞いに行かなくてはならなくなったそうだ。しかし彼の犬はとても活発であり、退屈しすぎると家の中で何をしでかすか分からないという。そこで散歩仲間である義母に連絡し、散歩の代行としばしの預かりを頼んだという訳だ。

素晴らしい相互扶助システムだと思い、二つ返事で了承の旨を伝えた。

二度目の散歩という喜ばしいアクシデントに、千切れんばかりに尻尾を振るマギーを連れ、早速件の散歩仲間の家へとやって来た。

庭の置物の下に隠された合鍵を手に取り、扉を開けるやいなや、マギーの体躯の二倍はあろうかという、白黒のコリーが飛び出して来た。両眼で色の違うオッドアイだ。彼女の名はシルヴィーという。

いざ遊ばんと、飛び跳ね、抱きつき、玩具のボールを差し出して来た。さぁ投げろ、然るのち、追いかけんとでも言いたげだ。なるほどやんちゃな犬である。

犬派に改宗したばかりの私としては、その勢いに半歩下がる思いだ。

ボールから引き剥がし、リードを付け、あさっての方向へ走ろうとするシルヴィーをぐいと引っ張り、散歩へと繰り出した。

朝と同じ道筋では退屈であるとし、朝とは反対方向の道を行った。

なだらかな坂道を辿り、木々に囲まれた道を抜けると、360度素晴らしい景観を望むことができる、私のお気に入りの散歩道だ。イギリスは山が少なく、たいていは丘に囲まれており、空を広く感じる。

街の喧騒とも切り離され、風の音のみが聞こえるばかりだ。こちらに来てから、風の音とは耳元に聞こえる物ではなく、遥か遠方にこだまする、巨大な息遣いの様なものだと知った。

シルヴィーは道中松ぼっくりをを見つけては、鼻先を器用に使い我々の足元に転がし、私がそれを蹴れば飛びつき咥えてまた足元に転がすという遊びを繰り返した。賢く愉快な犬である。

1時間ほどの道程の後、しばらくシルヴィーを預かるとのことで、スミス家へと招き入れた。慣れない環境に興奮しているであろう、シルヴィーはここでもやはり飛び跳ね抱きつき、我々が隙を見せると顔を舐めに来た。

これはいかんと、庭へ連れ出し遊ぶ事にした。シルヴィーに渡すため、マギーが普段使っていない玩具を探す。紫色の硬いゴムの材質で出来たヘンテコな鳥のおもちゃを見つけた。お腹を押すと、くぇーと妙ちくりんな鳴き声をあげる。君に決めたと、シルヴィーへ放り投げた途端、横からマギーが猛然と飛びかかり、玩具をかっさらって行ってしまった。

喜んだシルヴィーがそれを追いかけ、庭中を二匹でワンワンと吠えながらめちゃくちゃに走った。

そのあと一時間と少し、シルヴィーが帰るまで、マギーはその紫色の変なおもちゃを手放すことはなかった。我々がシルヴィーに別のおもちゃを投げると、吠え散らし、シルヴィーを撫でても吠え散らし、マギーと名を呼んでも吠え散らかした。ずっと鳥の玩具を咥えたまま!彼女にもこれほどの激情が宿っていようとは!

シルヴィーが帰るとようやく落ち着き、後は糸の切れた人形の様に眠りに落ちた。普段なら食事はまだかと催促する時間になっても彼女は眠り続けたままだ。

Hollyは彼女をおもてなし能力の無い犬だと評し、しかし我々はそんな彼女を愛してやまないのである。

真っ赤なお鼻のトナカイの名はルドルフ

町中のそこかしこから、クリスマスソングの聞こえる季節となった。

よく耳にする曲というのは、無意識のうちに口ずさんでしまうものだ。

先日「赤鼻のトナカイ」を日本語で歌っていると、Hollyに歌詞中の情報量が少なすぎる事を指摘された。

そこで今回、日本語歌詞と英語歌詞、英語歌詞翻訳を並べて比較してみたいと思う。

余談ではあるが、「トナカイ」とは元々アイヌ語である。

 

真っ赤なお鼻のトナカイさんは

いつもみんなの笑いもの

でもその年のクリスマスの日サンタのおじさんは言いました

Rudolph the red-nosed reindeer

Had a very shiny nose

And if you ever saw it

You would even say it glows

All of the other reindeer

Used to laugh and call him names

They never let poor Rudolph

Play in any reindeer games

赤い鼻のトナカイルドルフは激しく輝く鼻を持っていた

もしあなたがそれを見たら、思わず「光っている!」と言ってしまうだろう

他の仲間のトナカイ達はそれを笑い馬鹿にし

かわいそうなルドルフを仲間に入れて遊ぶ事はしなかった

 

暗い夜道はピカピカの

お前の鼻が役に立つのさ

Then one foggy Christmas Eve

Santa came to say

Rudolph with your nose so bright

Won't you guide my sleigh tonight?

その後、ある霧の深いクリスマスイブ

サンタがやって来てこう言った

「眩しい鼻を持つルドルフよ、

今夜私のソリを案内してくれないか?」

 

いつも泣いてたトナカイさんは

今宵こそはと喜びました

Then all the reindeer loved him

And they shouted out with glee

"Rudolph the red-nosed reindeer

You'll go down in history!

その後、すべてのトナカイは彼を愛し、

彼らは歓喜と共に叫んだ

「赤い鼻のトナカイルドルフ

あなたは歴史にも名を残すだろう!」

 

 

 

 

仲間のトナカイの掌返しがすごい!!

さておき、日本語版の情報量が少な過ぎると言うよりは、よくぞここまで情報を抽出できたものだと、感銘を受けた。細やかなディティールはないにしても、ストーリが成立している。

情報として失われている点を挙げると、

・トナカイの名前はルドルフ

・大勢いるトナカイの内の一匹

・ピカピカの鼻というか、鼻自体が赤く発光している

・その年のクリスマスの日は霧の深い日だった為、光源が必要だった

・仲間のトナカイがクズ

この辺りだろうか。

 

海外から輸入されて歌詞のある童謡はほとんど例外なくこの現象が発生してる。

 英語と日本語を比べると、スピーキングの面においては圧倒的に英語が有利だからだ。

時間あたりに伝えられる情報量を比較した場合、日本語は英語のおよそ70%の量しか伝えられない。

 言語の持つ音節の構造上仕方のない事ではあるが、日本人が英語を難しく感じる理由の一つが、そもそも会話のスピードが段違いである事が一因であると言う。

しかし、ライティングの比較で言えば、日本語は英語に対し圧倒的優位性を持っている。100文字あたりの情報量はおよそ2倍だ。

試しにAメロの英語歌詞の文字数と英語歌詞翻訳の文字数を数えて見たところ、英語歌詞174字に対し翻訳101字であった。

今回はかなり直訳気味に訳している為、情報量を損なわずにさらに圧縮する余地も十分にある事を考えると、妥当な数字だろう。

漢字のもたらす恩恵である。

そう考えると、中国語が攻守共に隙のない言語の気がするが、この検証はまた後日する事とする。