斯くも詮なき日常に

イギリスに移住した28歳男のブログ

同性愛者の義妹の心配

一年以上ぶりの更新である。

一歩進めば100回休むという性分は大人になってからもやはり変わらず、「三つ子の魂百までも」などということわざの正しさをまた証明してしまうのであった。

現在の私の状況としては、今年の2月に無事に結婚。結婚ビザの申請をして、現在その審査待ちである。近況報告終わり。

 

さて、今日はLGBTにまつわる個人的な体験の話をしようと思う。

これは結婚式の後に聞いた話なのだが、レズビアンである義妹は私の両親に初めて会うに際し、幾分緊張していたらしい。自分が同性愛者で彼女を連れている事を奇異の目で見られるのではないかと。

幸いにして私の両親はおおらかな性格であり、特段そのような事を気にする事もなく、私も最初から心配はしていなかった。(むしろ彼らは長旅の疲れを理由に息子の結婚式ですら早々に切り上げて先に宿に戻ったのだ!)

もし義妹が結婚式の前にそのような事を考えている事を知っていたなら、その心配は無用である事を伝え、少しでも彼女の気持ちを軽くしてやれたかもしれない。

しかしながら、同性婚が認められた英国にあっても、個人の性にまつわる話はやはりセンシティブなもので、義妹としても軽々と話せるものではなかったのだろう。

こちらに住んでいても、日本で横行する性差別の話題は時折耳に飛び込んでくる。義妹の心配も頷けるほどには。

 

日本で働いていた時、映像や新しい技術を使った現代アート展示の会場設営をした事がある。そのコーナーの一角に同性愛者のカップルが自分たちの遺伝子を使って子供ができたらどんな風だろう、というテーマで兄弟の精巧な人形を作り、まるで現実に存在するような家族風景の写真を展示していた。

設営が終わり、撤収作業をしている際にその展示の前に差し掛かると、一緒にいた年配の同業者がおもむろに口を開いた。

「わしはな、同性愛というものにはどうにも反対じゃ」

当時は目上の人間の意見にはとりあえず反対しない事、などという馬鹿げた処世術を身につけていたため、特に深く突っ込む事もしなかった。

「そうなんですか、でも僕の彼女の妹も同性愛者ですよ」

そう言うのが精一杯の抵抗だったのだろう。

「そうなんか、でもな世の中が同性愛ばかりの人間になったら子供が産めず社会が駄目になってしまうじゃろう。だからな、お前さんの彼女の妹には悪いが、わしは認められん」

そこで私はそうなんですね、と一言だけ返して、話を終わらせてしまった事を今でも時々後悔している。

今にして思えば某女性議員の"生産性"発言に通ずるものがあるのだろう。

そんなもので個人の幸福を追求する事のできない社会はクソ喰らえである。

同性愛を認める認めないに関わらず、同性愛者は確実にそこに存在している。

同性愛を社会が容認したからと言って、同性愛者の数が増えるのではなく、カミングアウトしやすい環境により可視化される人数が増えるだけではないのか。

もうすぐ生まれる自分の子供が同性愛者だったとしたらどうする。その子供の幸せすらも平気で奪えるのか。

数年以上も昔の事に関して、今でも未練がましくこのような反論を考えている自分もなかなかに救い難いのだが。

 

そのような事を思い返し、義妹の心配も杞憂であると一笑に付す事のできない日本を恥じた。

ELLEGARDEN復活。

トピック「ELLEGARDEN」について

 

ELLEGARDENが復活するという、非常に嬉しいニュースを聞いた。

久しぶりにitunesに眠ったアルバムを聴いているうち、なんとなく昔を思い出した。

郷愁に耽る春、というのも悪くはないだろう。

 

ELLEGARDENを初めて聞いたのは高校一年生の春、友達のカズキの家で「space sonic」を聞いたのが最初だ。

それまで英語の歌詞で歌う日本人バンドといえば、ハイスタンダードなどのカタカナ英語発音ばかりだったので、英語がわからないなりにもELLEGARDENの発音の良さには驚いた。

洋楽的要素を持ちつつも、明らかにそのサウンドやメロディはローカライズされており、一番のサビが終わる頃にはすっかり魅了されていた。(今にして思えば、である。当時はなんかわからんけどすごくかっこいい!という感覚しかなかった)

私はギターを、カズキはベースをちょうど始めたばかりだった。

彼は「これをコピーしてみよう!」と言った。私は二つ返事で了承し、その日は楽譜を借りて帰った。ヘッドフォンをアンプに繋いで早速練習を始めたが、最初のアルペジオで挫折し翌日には楽譜を返した。昔から諦めは早かったのだ。

かくして、バンプアジカンエルレ好きのJ-ROCK少年の出来上がりである。

放課後は彼の家へ行き、ドヤ顔で「ループ&ループ」のイントロを弾いた後、TSUTAYA借りてきたCDを流しながら「ヘイロー2」に勤しむ生活がしばらく続いた。黴臭い青春である。

危険なハンドサイン

ファックサインが失礼極まりないジェスチャーである事は言わずもがなだろう。

f:id:johanson5:20180518053327j:plain

日本ではまだ冗談交じりに使えたりもするが、こちらで使うと命の保証も出来ないほどに侮蔑的な意味合いを持っている。(それでも友人同士で使用している場面を時々見るが)

しかし日本では特に失礼な意味を持たないハンドサインでも、こちらではファックサインに匹敵するほどの意味を持つジェスチャーがある。

裏ピースだ。

f:id:johanson5:20180518053823j:plain

なんでも、大昔の戦争で弓兵は捕らえられると二度と弓を引けないように中指と人差し指を切り落とされたそうだ。

そのため、敵兵に対してこのサインを見せる事で、俺の指を切り落としてみろという挑発の意思を示すジェスチャーとして使われていた。

現在ではファックサインと意味が統合され、挑発というよりは侮蔑の意味として使われる場合が多い。

私もいい歳なので写真を撮られる際にわざわざ裏ピースなどを使ったりはしないだろうが、心の隅にとどめておいて損はないだろう。

 

Even monkeys fall from trees.

健康のため、夕食後にHollyと近所を散歩している。

電車好きなHollyの希望で、駅まで往復40分程度の道のりだ。

先日ふと日本のことわざや四字熟語の話になり、いくつかの言葉を英語に直す遊びをしながら歩いた。

花より団子→Cokkies are better than flowers.

棚からぼたもち→A Botamochi from the shelf.

百発百中→100 shot 100 kill.

これらは概ね理解を得られたが、

猿も木から落ちる→Even monkeys fall from trees.

に関してはどうにも腑に落ちない様子だった。

聞くと、木から落ちる猿は死にやすく、死にやすい猿は子孫を残せない。

故に現存する猿は木登りが得意な猿の子孫であるはずなので、そのことわざは成立しない。猿は木から落ちないという。

いくらダーウィンリチャード・ドーキンスがイギリス人だからといって、ことわざに進化論でケチをつけないでくれと、そんな話をした夕暮れだった。

 

ガス代の謎

引っ越してまずやらねばならない事の一つがガス・電気の契約の確認だ。

仲介業者に連絡をすると、一番安いプランを選択してくれるシステムらしい。

早速電話を入れてみたところ、電気とガスのメーターがフラットのどこかにあるはずだから、そこに書かれている番号を教えて欲しいとの事だった。

電気のメーターはすぐに見つかったものの、ガスのメーターはどんなに探しても見つからない。

大家に確認をしてみると

「今までの住人も誰もガス代払ってないし、いいんじゃないの?」

との事だった。

あっ...そんな感じでいいのね...。

多分大家が何かしらの形で払っているのだと思われるが、しかし謎である。

ペドフィリアではないよ

ビリングスハーストという街へ引っ越しをした。

荷解きや家具の組み立てが一通り終わり、ようやく一息つけたところだ。

インターネットが開通するまでの間、Hollyはお気に入りのスプラトゥーン2をできなかったため、引っ越しの際に見つけたファイナルファンタジーXを始めた。

一つのゲームを始めると、しばらくはそれに熱中する性分を持つ彼女だ。

今も隣でプレイしている。各戦闘においてはパーティーの全員を参加させ、均等にレベルを上げている。スフィア盤を全て制覇するつもりらしい。

ふとHollyから主要メンバーの女性三人の中なら誰が一番好きかと聞かれた。

リュックが好きだと答えたら「ハァ?リュックは15歳だぞ?ペドフィリアかよ」とドン引きされた。

ペドフィリアではないよ。

フィクションの登場人物だと思って気を抜いていたが、欧米諸国では未成年を性の対象として扱うことに関してはとても厳しい。(別段、先の質問に対して性的な意味合いがあるとも思ってはいなかったのだが。性的な意味で言えばダントツでルールーだろうに。)

Hollyが日本で働いていた時、同僚が付き合っていた日本時男性と結婚を考えていたそうだ。

しかしある日、彼女は彼がジュニアアイドルの動画を見ている所を目撃した。

それが原因で結婚は破談。彼は教職に付いていた為、勤務先の学校にも連絡を入れたという。

正直そこまでせんでも...とも思ったが、ペドフィリアたる資質を持つ人間が教職につく事などあってはならず、性犯罪が起こってからでは遅いのだという。確かにその通りでる。

結局、勤務先に連絡をされた彼がその後どうなったかはわからない。

この辺りの価値観もアップデートしていかねばなるまい。

また口を滑らせてドン引きされてはかなわない。

義母の散髪

先日、義母が散髪へ行った。

Hollyは、義母が帰ってきたら「It suits you」似合ってますよと言うように私に釘を刺し、私は念仏のように「It suits you...It suits you...」と繰り返した。

1時間ほどして義母が帰宅し、挨拶とともに「It suits...」と言いかけて止めた。

髪型が変わっていないように見えたのだ。

実際には変わっているのかもしれないが、髪の長さや色などに劇的な変化は見られない。

もし髪型が変わっていないのにも関わらず、「It suits you!」などと言おうものなら自らの目を節穴であると証明することになるし、ただのおべっか使いになってしまう。

しかし些細な変化であれ、それを見逃し気の利いた一言も言えないようでは失礼なやつだと思われるかもしれない。

よくよく見てみると髪の毛の色が少しだけ明るくなったようにも見える。

言うか言わざるかを決めかね、蛇に睨まれた蛙の如くぷるぷると震えていると、キッチンからHollyが顔を出し

「あれ、髪の毛切らなかったの?」

と言った。

デウス・エクス・マキナの登場である。

 

どうやら義母がヘアサロンに行ったところ、今日はもう水がないから散髪はできないと言われ、仕方がないからついでにスーパーで買い物を済ませてきたそうだ。

予約をして行ったにも関わらず、店に行って門前払いとは日本であればクレームものだろうが、当の義母はどこ吹く風だ。

これくらいは日常茶飯事らしい。

良い事なのか悪い事なのかわからないが、郷に入れば郷に従うのみである。